風花瑠璃ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

八木重吉の詩について

今日はちょっと気分を変えて、詩の話です。

私はこれまでに3冊の詩集をまとめています。
といっても出版したのではなく、自分で綴じた詩集が3つあるのです。

1冊目は大学時代に、2冊目は24歳の時、3冊目は25歳の時に編みました。

ただ、その後は、様々な運命に振りまわされ、気づけば、詩集を開くことも長いことなかった時期もあったのです。

ただ、「風花瑠璃」という少し謎めいた電子ブックを出す上で、どうしても、自分の好きな詩を読み返さざるをえませんでした。

詩は私の心の最も大切な場所に置かれている気がします。

癒しランキング

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
タグキーワード
2017.03.24|Genre:心と身体|Thread:癒し・ヒーリングコメント(0)トラックバック(-)Edit

木々の緑がまぶし過ぎて…

今日は歯科医院に行ってきました。

麻酔が効きすぎて、頬までしびれてしまいました。

帰り道、緑豊かな川辺でたたずみ、広い空やら、跳ぶ野鳥やらを、しばし眺めていました。

今日は晴天なので、木々の緑は目を細めないと見つめられないほど、
まぶしく輝いていたのです。

続きを読む

関連記事
2016.12.01|Genre:心と身体|Thread:癒し・ヒーリングコメント(1)トラックバック(-)Edit

花まんま レビュー

元気の出る小説と言えるかどうかわかりませんが、
この作者の小説は、郷愁の中に、不思議な明るさが感じられるので、
癒される人は多いのではないでしょうか。

花まんま

最初に読んだのが、上の小説。

バッサリと現代的なアイテムを捨て去ったことが、
小説世界の純度を上げ、
その独特の懐かしい世界に浸りやすい環境を作りだしてくれています。

エンターテイメントですが、
文章には気品があり、肌のぬくもりが感じられるので、
読み応えは充分あります。

良い小説に共通する美点だと思うのですが、
読み進むうちに、読者である自分の心の原風景みないなものが、
鮮明に浮かび上がるのも快感でした。

最近、小説を読む時間がとれないので、
何とか、時間を捻出したいと考えています。

癒しランキング
関連記事
2016.10.30|Genre:本・雑誌|Thread:オススメの本コメント(0)トラックバック(-)Edit
Copyright © 風花瑠璃ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。